神奈川県横浜市 磯子区 金沢区 港南区 の暮らしに役立つ、暮らしを楽しむGOOD LIFE情報をお届けしています。神奈川県地域情報マガジン「横浜 暮らシック」  

役所・施設ガイド
観光(PLAY)

横浜磯子区、金沢区、港南区の観光情報をご紹介します。
このエリアからは、アートなミュージアム、ラグジュアリーからカジュアルまでのショッピング、高級フレンチから、ディ―プな野毛の飲み屋街まで、遊び場満載の横浜市内まで15分〜30分。
遊園地以上のお楽しみスポット・八景島シーパラダイスまではすぐ。市場と周りの食堂が楽しい三崎港まではたいてい30分くらいでしょうか。
葉山、逗子、鎌倉も車だったら30分圏内です。週末湘南ライフの基地としても最高な位置にあります。
このエリアの中はもちろん、このエリアから週末や休日に気軽に行けるエリアのPLAY SPOT情報、一日旅・週末お散歩情報までお届けします。

2016年08月14日

1859年の開港を機に、異国文化を取り入れてきた横浜。中でも磯子区は臨海部にあり華々しい表舞台に立ったエリアの一つです。

一方で磯子区は原始時代の遺跡が残るなど、古の歴史の場所でもあります。ここでは魅力溢れる磯子区の歴史をご紹介します。

国内でも有数の古代遺跡!「三殿台遺跡」



標高55メートルの小高い丘の上に、縄文・弥生・古墳時代の村の跡「三殿台遺跡」があります。この遺跡からは、3つの時代の竪穴式住居跡が約270件見つかっています。遺跡跡周辺の貝塚からはたくさんの貝殻や獣・魚の骨、土器などが発掘をされ、標本として展示室に保管されています。それぞれの住居跡は色の違う杭で囲まれており、後方には復元された住居が建っています。



三殿台遺跡は、古代・原始時代の生活の様子を知ることができる貴重な遺跡として、1966年に国の指定史跡になり一般に公開されるようになりました。

その他には、古代人の生活が体験できる教室が催されるなど、何千年も昔に思いを馳せながら地域の歴史を学ぶことができます。




あの三島由紀夫の著書にも登場「横浜プリンスホテル貴賓館」



「横浜プリンスホテル貴賓館」は、1937年に東伏見宮邦英王が療養のために磯子の高台に建てられた邸宅で、市の歴史的建造物に認定をされています。国道沿いの70メートルほどの丘に建つ邸宅は、当時は断崖の所まで波が打ち寄せる絶景の場所でした。仏教美術に造詣が深かった伯爵の邸宅は、寺院風のデザインを連想させるものになっています。



戦後横浜プリンスホテルとして営業を開始し、崖の上の目立つ場所にあった伯爵亭は地元の住民から親しみを持って「プリンスホテル貴賓館」と呼ばれていました。

三島由紀夫の著書の中に登場する邸宅のモデルとなったことでも知られています。現在はプリンスホテルの廃業で、レストランやゲストハウスとして訪れる人々を迎えています。


歌謡界の女王・美空ひばりさんとも関連が深い「杉田劇場」って?


杉田劇場は、磯子区民センターの4・5階にある文化施設です。練習室やリハーサル室を備え、310席のホールがあります。平成17年の駅前の開発で、ビルの一角に「横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場」として新たにオープンをしました。クラシック音楽や演劇・歌舞伎などさまざまなジャンルの上演が行われており、地域の身近な文化活動の発表も催されるなど磯子区の文化の発信拠点となっています。



この劇場は、国民的歌手として知られる故美空ひばりさんが8歳の時に初舞台を踏んだ思い出の場所としても知られています。オープン間もない劇場で幕あいに真面目に歌い続ける姿が評価され、翌月「美空楽団」とともに本番に出演し初舞台を踏んだという逸話が残っています。














▸ 続きを読む

2016年02月21日

横浜市の最南端に位置する金沢区は、市内では唯一の海水浴場や海の公園があり金沢自然公園や市民の森など緑と海が広がる自然豊かな街です。

一方で称名寺など中世の歴史と深いかかわりを持ったエリアでもあります。ここでは金沢区の魅力ある歴史をご紹介します。


いつから人が住んでるの?金沢区が誕生したのはいつ?

金沢区の歴史は古く、野島貝塚からは縄文時代のものとされる厚さ2メートルから3メートルの貝殻の層が発掘をされてます。それと同時に野島式土器や石器・クジラ製の骨斧なども見つかっており、当時の生活の様子を知る重要な遺物として保存されています。



また区内には複数の古道が通っており、地域の生活をつなぐ基幹道路として重要な役割を担ってきました。六浦と鎌倉を結ぶ山を切り開いて作られた六浦道は、鎌倉に塩を運ぶ道として利用されました。江戸幕府により船舶の管理をする浦賀奉行が設置されると、江戸と浦賀を結ぶ陸路として浦賀道が作られました。さらに江戸市民の行楽の地・金沢八景へ至る道として金沢道が作られました。

現在も残るこれらの道を巡ることで、歴史に思いを馳せることができるかも知れませんね。



金沢八景ってなんのこと?

鎌倉の外港として栄えた金沢は、山や海の入り組んだ景観が素晴らしく訪れる人々を魅了してきました。金沢八景とは風景評価の一つで、金沢の景観で特に優れた8つの景色を選んだものです。

江戸時代に入り三浦浄心が「名所和歌物語」の中で金沢の地名を名指したことが金沢八景のもっとも古い例とされています。さらに徳川光圀が明から招いた禅僧・心超禅師が能見堂から見た風景を故郷の八景になぞらえた漢詩を呼んだことで有名になり、江戸市民の観光が盛んに行われるようになりました。

江戸後期に入ると、浮世絵師・歌川広重の描いた名所絵揃物「金沢八景」が有名になり、天保5年から全8巻が次々に刊行されて人々の知るところとなりました。

現在では金沢八景駅周辺の通称地名となっています。



















起源は室町時代!?「横浜金沢七福神」

横浜金沢観光協会の主催で平成17年1月からスタートした七福神巡りです。

金沢区は中世期以降の歴史的・文化的資産が多く残されており、これらの資源を観光に有効活用しようと始められました。室町時代のものとされる大黒天を祀る寺社もあり、起源の古さがわかります。

京浜急行の富岡駅から金沢八景駅までの延線に金沢七福神が鎮座する7つの神社やお寺があります。七福神を巡って七難を避け七福を得るといわれ、多くの人に親しまれています。開催中は各寺社の前に赤いのぼりが立てられており、付属の地図とスタンプラリー帳を持って参加します。

どこからまわっても良いルールですが、人気はスタンプラリーのスタート地点になっている富岡八幡宮から始めるコースが人気があります。7寺社すべてのスタンプを集めると記念品がもらえるなど、毎年多くの人が参加をして親しまれています。



長昌寺





正法院





宝蔵院





富岡八幡宮





龍華寺





伝心寺





瀬戸神社と琵琶島神社








▸ 続きを読む

2016年01月28日

横浜市磯子区は、電車で15分ほどで市の中心部まで行ける交通アクセスが便利なエリア。海岸部に多くのマンションが立ち並ぶ新興住宅地として発展をしています。人気の秘密は大人や子どもがワクワクできるスポットがたくさんあること。ここでは磯子区の魅力溢れる観光情報をご紹介します。


遠い宇宙に想いを馳せる…「はまぎん こども宇宙科学館」



市民の森が広がる自然豊かな場所に、ほっこりと現れる「はまぎん こども宇宙科学館」。体験型のこども宇宙科学館で、触れて遊びながら宇宙や科学の不思議を学習できます。人気の宇宙劇場(プラネタリウム)の他に、「サイエンスショー」や「ウィークエンドレクチャー」など身近な道具を使って科学を楽しむコーナーや宇宙やロケットについて詳しく学べるイベントが催されています。

ショップやカフェが充実をしていることはもちろん、月に1回開催されている「おとなの工作教室」などもあり、子どもだけではなく大人も一緒に夢中になれるスポットです。

入館料は、大人400円・小中学生200円と利用しやすい価格で、1日のんびりと過ごすことができます。





横浜の歴史も学べて一石二鳥!「横浜市電保存館」



磯子区で子どもからお年寄りまで人気があるスポットが「横浜市電保存館」です。横浜市の過去から現在に至るまでの鉄道の歴史を、遊びながら学べるスポットとして話題です。目玉は何といっても日本最大規模の巨大なジオラマ「鉄道模型大パノラマ」。横浜を代表する建造物の周りをいろいろな車両が走り抜けるショー運転が1日に4回催されます。また1972年まで横浜市を走っていた市電がズラリと並び、実際に中に入ることができます。その他にも運転手の訓練に使用された横浜市営地下鉄のシュミレーターを体験できるコーナーもあり、特に子どもたちに人気があります。



料金は大人・高校生100円、小中学生50円、65歳以上と就学前の児童は無料となっており、毎週土曜日は高校生以下は無料となります。特に電車が好きなお子様がいる家庭は1日楽しく遊べる場所です。




生活に欠かせない食用油のアレコレを知ろう!「日清ウェルネスギャラリー」



磯子区にある「日清ウェルネスギャラリー」は、製油工場の中にある日本最大級の展示を行っている施設です。広大な敷地内を天然ガスで走るバスで巡回します。施設内では食生活に欠かせない食用油の歴史や原料の種類・生産工程などを見学でき、雑学などの話を聞くことができます。また船からの原料の荷揚げの様子や搾油・製油・充填の一連の作業の様子をすぐ近くで見学できます。



見学日のおすすめは、毎年7月の下旬から8月の末日まで土曜日・日曜日・工場休日日をのぞいた日に行われている「夏休みオープンファクトリー(見学会)」です。普段は行われていない少人数を対象としたもので、夏休みを利用して親子でゆっくりと工場の見学をすることができます。



▸ 続きを読む

2015年12月14日

エリア 金沢区
メイン商品 温泉・スパ
店名 シーサイドスパ八景島


海の見える地元の日帰り温泉が地元にあるのがなんといってもこのエリアのいいところ。日帰り温泉は家族で嬉しいプチイベントになります。

パパが、ちょっと今週は疲れたから一人でいく、なんていう使われ方もされているようです。

東京湾の海景色を見ながら、のんびり温まって、疲れを癒す、プチ贅沢ですよね。

ボディエステ、フェイシャルエステもあり、女性だけでなく男性もOKだそうです。でもこちらは、ママがママ友と小休止でしょうか。

入場料はお手頃価格。

浴場は1週間おきに男湯と女湯が入れ替わります。

浴場「八景」では檜風呂が楽しめ、浴場「文庫」では、ミルキー風呂が楽しめます。どちらも100%の海水を貯めた「海洋泉」があり、疲労回復、皮膚疾患にも効果があると言われています。

ご家族でいくなら、もちろんお風呂上がりのお食事が楽しみ。

海の見える海鮮レストラン「蒼海」で、楽しく食べられます。


シーサイドスパハッケイジマ
カテゴリー: 温泉・スパ
施設: 海洋泉、ジャグジー、薬湯、ほか。
泉質: 海洋泉(海水100%)ナトリウム塩化物強泉。 効能・美肌、筋肉痛、関節痛う、ほか。
館内着: 220円、4歳〜小学生無料。5階 メンズ・キッズフロア、催事場
住所: 金沢区柴町1361
TEL: 045-791-3575
時間: 10時00分〜24時00分(受付23時15分)
休: なし
駐車場: あり(3時間無料・以降200円/30分
交通: 京浜急行八景島駅徒歩2分
車: 横浜横須賀道路並木ICより約10km
料金: 大人1,300円、会員1,100円、4歳〜小学生650円、会員550円。

シーサイドスパ八景島会員年会費200円
バスタオル: 200円4階 リビングフロア
URL: 
http://www.seaside-spa.net/

▸ 続きを読む

1
ペン ボーダー

本WEBマガジンの「街のひとり言」ページから、お気軽にあなたのHAPPYな街情報、暮らしのアイデア情報等をお寄せください。
このエリアを、この街々を、あなたの暮らしを豊かにするために、いろいろな情報をお寄せください。
お寄せいただいた情報は、共有させていただくのと同時に、編集部がさらに取材をして、特集として掲出させていただきます。
「横浜 暮らシック」は、あなたと育てるWEBマガジンなのです。

PAGE TOP