神奈川県横浜市 磯子区 金沢区 港南区 の暮らしに役立つ、暮らしを楽しむGOOD LIFE情報をお届けしています。神奈川県地域情報マガジン「横浜 暮らシック」  


2016年02月02日

翌日は朝から温泉に入り、ホテルのビュッフェを食べました。
10時にホテルのチェックアウトをして義母に車で迎えに来てもらいました。
実家は米農家なのですが冬の間は役所の依頼で猪と鹿の駆除をしています。
今回の旅行の一番の楽しみが、その新鮮な猪を食べる事でした。
実家の裏手には犬小屋があります。猟犬が5匹飼われています。
その横に炭焼き小屋があります。



この炭は義父が山で作っています。



鹿の刺身です。口に入れた途端に溶けます。私は初めて食べましたが、美味しいです。



猪の生肉です。塩を付けて焼いて食べます。



猪の味噌漬けです。そのまま焼いて食べます。



昼間っから美味しい肉と焼酎で大満足でした。

すると高速バス会社から電話があり、「今日の予約された便の運休が決まりました。」
との事で、またあの低速汽車に乗る事になるのかなと思っていると義父が仕事中の義姉に電話してくれまして、
車で空港まで送ってくれる事になりました。高速道路は一部区間だけ通行止めなので、人吉から鹿児島空港までは通行可能だそうです。
高速だと約50分で空港に着きます。汽車だと約2時間半です。
義姉が仕事をわざわざ早退してくれて、実家に来てくれました。
鹿児島空港まで義父母と義姉と私達夫婦5人で向かいました。
鹿児島空港のロイヤルホストで軽く食事をして、皆とお別れしました。



帰りの便もボーイング767です。機体はJA655Jです。



またお手振りしてくれました。

帰りは座席で熟睡でした。気が付いたら羽田空港に着陸していました。
また来年も猪と鹿を食べに帰りたいと思います。





▸ 続きを読む

2016年01月29日

鹿児島空港に到着して、高速バス乗り場に行くとやはり「本日全線運休」の張り紙がされていました。
タクシーに乗り肥薩線の一番近くの駅までお願いすると、特急が止まる「嘉例川駅」を勧められました。
空港から10分位で嘉例川駅に到着しました。



駅前には沢山の人がいました。









駅舎は明治36年1月15日開業、109年の木造駅舎だそうです。今は無人駅です。
しばらくするとさっきまでいた沢山の人達がぞろぞろと歩いて居なくなりました。
観光バスで駅舎を観に来たみたいです。その後は私達夫婦二人と猫駅長だけになりました。



寒いので猫駅長を抱っこして駅舎の中で二人固まっていました。

20分くらい待つと真っ黒な汽車が走ってきました。



「特急はやとの風」です。2両編成です。





展望席

5分間停車するそうなので車掌から切符を買って乗り込みました。





列車の中はこんな感じです。

「吉松駅」まではこの汽車で行きます。
さてようやく出発です。
途中駅の「大隅横川駅」に停車です。





この辺りから雪が降り始めました。

「吉松駅」に到着です。



しばらくすると赤い汽車が走ってきました。





「観光列車 いさぶろう・しんぺい号」です。

箱根登山鉄道みたいに「人吉駅」までスイッチバックしたり、半径300mのループ線を通ります。







「人吉駅」から「熊本駅」までSLが走っているそうです。



もはや雪国です。





やっと「人吉駅」に着きました。
飛行機に乗っているよりも長い時間汽車に乗っていました。
駅には義父母と義姉が迎えに来てくれていました。
温泉に入りたかったので宿泊は人吉市のホテル「あゆの里」です。
義姉の車で送ってもらいました。



温泉露天風呂付きの部屋で、かけ流しなので宿泊中はいつでも温泉に入れます。



夕飯は家族全員で近くの居酒屋に行きました。天草も近いので山の中でも魚介類がおいしいです。
イカ刺し、はまぐり焼き等を食べながら地元の米焼酎を飲みました。おいしかったです。

つづく

▸ 続きを読む

1
ペン ボーダー

本WEBマガジンの「街のひとり言」ページから、お気軽にあなたのHAPPYな街情報、暮らしのアイデア情報等をお寄せください。
このエリアを、この街々を、あなたの暮らしを豊かにするために、いろいろな情報をお寄せください。
お寄せいただいた情報は、共有させていただくのと同時に、編集部がさらに取材をして、特集として掲出させていただきます。
「横浜 暮らシック」は、あなたと育てるWEBマガジンなのです。

PAGE TOP